公益社団法人 川崎港振興協会の主な事業

1.川崎港の整備・利用促進(公益目的事業−1)

川崎港の国際競争力を強化し利用を促進する事業

1.港湾の国際競争力の強化のための港湾施設の整備促進及び運営の改善

関係官民で組織する「利用しやすい川崎港づくり推進協議会」の事務局を川崎市港湾局と協力して担い、国際競争力強化及び利用促進に係る課題の抽出とその解決策を具体的に協議、検討し、コンテナターミナルを除く港湾施設の整備促進及び運営改善を図る。

2.貨物の集荷及び船舶の誘致活動
コンテナ写真

(1) 「川崎港戦略港湾推進協議会」に関する事業 川崎港戦略港湾推進協議会は、川崎市、川崎商工会議所、川崎港運協会、関東船主会及び公益社団法人川崎港振興協会の5団体で構成され、コンテナ利用の一層の拡大を図るための課題や方策を検討し、集荷とサービス水準の向上を図る。 推進協議会の会長を当協会の齋藤文夫会長が勤め、推進協議会の実行部隊である3部会(ポートセールス部会・管理運営部会・計画部会)のうち、ポートセールス部会の事務局を当協会が担い、計画部会には委員として参加する。

(2) 京浜3港広域連携に関する事業 京浜3港広域連携に基づき、川崎・横浜・東京の各港湾管理者、振興協会及び埠頭会社・公社8団体により京浜港セミナーを開催する。

(3) 川崎港振興協会独自のポートセールスに関する事業 企業訪問による情報交換、他港のコンテナ関連施策等の調査・研究、川崎港に関する物流実態調査等を実施する。

3.初入港船歓迎行事
初入港歓迎行事、写真
船長への記念品の贈呈

川崎港に初入港する船舶の乗組員に記念品等を贈呈し、歓迎の意を表することにより、川崎港をPRする。

国際交流事業(友好港、友好都市との交流事業)

川崎市の友好港であるベトナム・ダナン港及び中国・連雲港港をはじめ、海外諸港から代表団等が来川する際に、港湾関係団体・経済団体等と協力して交流事業を実施し、相互理解を深めるとともに貿易の促進を図る。

「川崎港便覧」の制作販売
川崎港便覧、写真

川崎港港域内の港湾施設、企業名等を記した地図に、行政機関、施設使用料、統計資料等を掲載した川崎港便覧を作成し、ポートセールスに使用するほか川崎港利用者等に頒布する。

pagetop