公益社団法人 川崎港振興協会の主な事業

2.市民と港を結ぶ事業(公益目的事業−2)

港湾施設を核に、市民に開かれた港づくりの推進を図ることと併せて港湾の利用促進を図る事業

1. 市民と港を結ぶ事業

(1) 川崎みなと祭りの開催 川崎港の使命と現状について市民及び港湾関係者の理解を深め、川崎港に対する親近感を高める機会を提供するため、「みんなの川崎港」をテーマに関係機関・団体と連携、協力して川崎みなと祭りを開催する。
川崎みなと祭りの写真
マリーンシャトルによるミニクルーズステージイベント

(2) 映画上映会の開催 川崎マリエンの認知度向上を図るため、学校の夏休み、冬休み、春休みの期間等を利用し、マリエンシアターで子どもとその保護者を対象に、DVD等映像ソフト利用による映画上映会を開催する。

初日の出写真
マリエン展望室から初日の出を望む

(3) 初日の出観賞会の開催 初日の出鑑賞スポットとして定着している川崎マリエン展望室を元旦に開放し、初日の出鑑賞会を開催する。

夏休み工作教室写真
ボトルシップ教室

(4) 夏休み工作教室の開催 川崎マリエンにおいて、市内在住、在学の小学生・保護者を対象に、「ボトルシップ」「お絵かき」等の工作教室を開催し、海事思想の普及、川崎マリエン施設の利用促進を図る。

(5) 夏休み海洋環境教室の開催 東扇島東公園人工海浜において、小学生を対象に専門家の指導による水産動植物の観察や形態の調査を行う体験学習活動を実施し、川崎の海に親しむとともに海洋環境保護の大切さを学ぶ。

(6) ボトルシップ工作教室指導者養成コースの開催 子ども向けボトルシップ工作教室のボランティア指導者の養成を図るため、ボトルシップ工作に興味があり、将来子ども等への指導者を目指す成人を対象に、基本から高度な技術まで修得できる養成コースを開催する。

(7) イルミネーション装飾及びライトアップの実施 年末・年始に川崎マリエン植栽のイルミネーション装飾及び川崎マリエン業務棟・交流棟壁面のライトアップ等により、季節を感じられる川崎マリエンの演出を実施し、川崎マリエンの魅力向上を図る。

絵画・写真コンクール写真
写真・児童絵画コンクール

(8) 写真・児童絵画コンクールの開催 川崎港に関連するテーマで絵画や写真を制作する機会を創出することにより、市民が川崎港をより身近に感じるとともに川崎港の現状を理解することを目的として、写真・児童絵画のコンクールを開催する。

(9)展示用フリースペースの貸出 川崎マリエン交流棟1階のロビースペース約50uを市民グループ等が主催する絵画・写真等の展示スペースとして最長1カ月間を無料で提供し、スペースの有効活用と来館者の促進により、川崎マリエンの活性化を図る。

(10) 共催・後援等事業の実施 川崎マリエンのイメージアップ効果のある各種大会や体験教室等の共催、後援等を行うとともに大会やイベントの誘致を行い、ビーチコート、テニスコート、体育室等の利用促進を図る。

(11) 夏休み川崎港見学会 夏休みを利用して、小学生とその保護者を対象に、港湾局の巡視船「あおぞら」による港内見学や貨物船内の見学を行い、川崎港の役割、重要性等の理解を深める。

(12) 川崎港魅力体験ツアー 一般市民を対象に、港湾施設や市民利用施設を見学するとともに、夜間も活動を続ける川崎港と臨海部の工場群を海上から視察し、川崎港の役割を理解しながら川崎港の魅力を体験するツアーを開催する。

(13) 港内案内事業 一般市民、研究者、事業者、内外視察団等を対象に、川崎市の巡視船を利用して海上から港内を視察し、川崎港の歴史、機能、役割、重要性等について理解を深めるための港内案内業務を川崎市から受託する。

(14) 川崎港紹介DVD等の制作 川崎マリエンに来館する小学生等を対象に、市民が目にする機会のない港湾における様々な仕事を紹介するDVD及び冊子を制作する。

2. 川崎市港湾振興会館の管理運営

川崎マリエンの指定管理者として、体育室、会議室・研修室、展望室、テニスコート、ビーチバレー 場、駐車場等の市民利用施設及び港湾事務室を設置目的に従って適切に管理・運営を行うとともに、 施設の魅力度を高め、利用者の拡大を図る。

3. ホームページによる情報提供事業

市民及び港湾・海事関係者並びに会員を対象に、川崎マリエン、協会の事業、イベント等の情報をホ ームページで提供する。

pagetop