公益社団法人 川崎港振興協会について

沿革

川崎港振興協会 港湾・社会
昭和61年
(1986年)
7月川崎港振興協会設立準備委員会発足
5月川崎港振興協会設立準備委員会発足
7月東扇島6号岸壁供用開始
昭和62年
(1987年)
6月川崎港振興協会設立
10月川崎港シンボルマーク付きネクタイピン販売開始
10月川崎港便覧販売開始
3月東扇島北公園完成
3月千鳥町5号係留桟橋改修工事竣功
9月千鳥町6号係留桟橋改修工事竣功
昭和63年
(1988年)
1月機関誌「港かわさき」創刊号発行
2月神戸港、大阪港視察、川崎港PR
3月船客待合所建替工事竣功
3月千鳥町3号係留桟橋改修工事竣功
5月東扇島28号岸壁供用開始
6月東扇島土地分譲、15社と契約
8月川崎・苫小牧内航定期航路開設
平成元年
(1989年)
3月伊予三島港視察、川崎港PR
8月苫小牧港視察、川崎港PR
3月東扇島29号岸壁供用開始
3月千鳥町7号係留桟橋改修工事竣功
3月千鳥町4号係留岸壁改修工事竣功
5月 東京湾横断道路工事着功
11月東扇島30号A,B,C,D供用開始
12月東扇島7号岸壁供用開始
平成2年
(1990年)
2月川崎港コンテナ問題検討委員会発足
6.7月清水港視察、川崎港PR
8月東扇島に郵便局設置の陳情
10月コンテナ埠頭計画の陳情
11月博多港視察、川崎港PR
3月 川崎市港湾振興会館着功
5月東扇島中公園竣功
平成3年
(1991年)
5月北九州港視察、川崎港PR
5月神戸港視察、川崎港PR
8月コンテナ埠頭計画の陳情
10月川崎港40周年記念事業・第18回川崎みなと祭り、「海王丸」寄港
10月川崎港コンテナ問題検討委員会解散
12月関東運輸局から社団法人認可
3月港湾審議会第135回計画部会・東扇島コンテナバースの船舶大型化に対応した港湾計画を承認
6月川崎市港湾振興会館愛称「川崎マリエン」に決定
平成4年
(1992年)
1月社団法人設立記念懇談
2月川崎市港湾振興会館管理受託
4月川崎市港湾振興会館施設管理受託
5月川崎港・ダナン港友好セミナー
9.10月コンテナ埠頭計画の陳情
11月マリエンシネマクラブスタート
2月川崎市港湾振興会館竣功
3月川崎市港湾振興会館条例制定
3月川崎市港湾振興会館開館
5月ベトナム・ダナン市代表団来川、友好港提携の仮調印
12月ベトナム・ダナン市に自転車、フォークリフト寄贈
pagetop